読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ定食

ネチネチ星人のフルコース

【VIVA!!!ビバラロック】を味見する。

皆さん、お久しぶりです。ぽくぽんです。

 

待たせたな。(別に待ってないですよね)

 

毎週土曜日書くと言ってたけど、皆ごめん。

 

最高に疲れてた。(どうもカスです。)

 

さあGWもあっという間に中盤戦です。

 

今日、明日、明後日で全てが終わる(いやむしろ仕事というすべてが始まる)

 

さて昨日ですね、行ってきました。いやどこにって?

 

決まってるだろ。

 

【ビバラロック】にな。

 

で、一言付け加えさせて下さい。

 

お金なかったので、

 

入口直前で引き返した(どうもカス超えたケチです)

 

いやね、その前に「ビバラロックとはなんぞや」と仰る方も沢山いるでしょう。

 

ビラロックとは、ロックバンドが多数出演し演奏など(っていうか演奏かMCしかしないはず)をするフェスティバルの一つですね。

 

ものすごく有名なアーティスト、天下の松任谷由実さんとか(ロックバンドではない)は出ないんですが、旬の邦楽ロックバンドは多数でるので、邦ロック好きな方はおすすめです。(チケットは個人的に凄く高いです。。。)

 

 

この【ビバラロック】、【さいたま新都心駅】から歩いた

 

さいたまスーパーアリーナ】で行われています。

 

今回僕は、アリーナと駅のちょうど真ん中にある【ビバラガーデン】に行ってきました。

 

vivalagarden.jp

 

「音漏れとか聴いてお酒でも飲もうかな」って思ってたんですよ。

 

【音漏れ皆無】だったわ。

 

アリーナの作りをひたすら呪ったよね。

 

さて、皆さんはロックフェスティバル(以下フェス)に結構行ったりするんでしょうか。僕自身フェスは、あまり行きたいと思ったことはありません。

 

では何故今回行ったのか。理由はもう皆さんお分かりですよね?

 

そう

 

暇だから(間違いない)

 

って言うのもあるけど、

 

好きな人に誘われたから

 

これですよね、ぽくぽんと言えば。この話題に尽きる。

 

まあ、『5月4日暇なら行かない?入らないで雰囲気だけでも感じたいから』って言われたので、

 

暇であるのは本当だし、好きな人に誘われたらさ、

 

断る理由皆無だよね

(好きな人彼氏いる。9年間も付き合ってる。)

 

まあ、結局参加OKしたら案の定他の人達も誘おう!ってなって結局

 

4人で行きました(超楽しかった)

 

いや、2人で行きたかったんだよ。そんなの当たり前じゃん。でもさ、「2人で行こう」って誘ったところで毎回断られる(諦めろぽくぽん)

 

しかも、好きな人は皆でわいわいしたいらしいのでそれならば好きな人の気持ちを尊重して複数人で行くことが何より大事だとおもっちゃうんですよね。

 

さてさて、僕なんですが、好きな人に誘われたからって昨日のんきにビバラロックについて行って隣りで「VIVA!VIVA!」とか言ってたんですよ。馬鹿でしょ?(馬鹿です)

 

帰って【VIVA】の意味調べたんですよ。そしたらですね、イタリア語で【万歳】って意味なんですよ。

 

いやね、何が言いたいかってね、その好きな人の彼氏ね、

 

イタリア語を流暢に喋れんだよ(俺負け確)

 

家帰って心底後悔しましたよ(全然してないけど)

 

好きな人の前でしつこいくらいに「VIVA!」「VIVA!」って何度も下手な日本語英語みたいな感じにビーケー(つまり馬鹿)みたいに叫んでたんすよ。

 

なにが【VIVA】だよ。万歳でもなんでもないわ。(VIVAごめん。お前は悪くない。)

 

その好きな人の彼氏さんとは一度も会ったことないんですが、会ったことがある人は口揃えて

 

「イケメン」って言うんですよね。

 

もっと言わせると

 

・イケメン

 

・身長180センチ越え

 

・国立大学卒業

 

・イタリア一年留学

 

・高校の時、ザ青春マンだったらしい。

 

まだまだ沢山あると思いますが、まあ、スペックは高いですよね。そして、なんと言っても

 

・性格イケメン

 

なんですね。敵なのに絶賛しすぎな俺。

 

こんだけ素晴らしいと、その好きな人って逆にあれじゃないとか思ってる人がいたら今すぐ表に出ろ。

 

日本トップクラスの可愛さだから。(当てにならなさMAX)

まあ、本当に可愛いんです。有村架純とか堀北真希と肩を並べる可愛さ、ていうか、

 

堀北真希ドッペルゲンガーだと思って下さい。

 

ここ大切、半年後のテストに出るからマーカーで線引いといて。

 

因みに僕のスペックは

 

・女性と付き合ったことあるのが大学1年のはじめだけ

 

・170センチ小太り(絶賛ジョギング中)

 

・眼鏡(いやこれスペックか?)

 

・ザいじられることしかないマン

 

まあ、木っ端みじんにやられるのがおちだよな。

 

だけど、こんな彼氏と比べて自分を卑下してるつもりは全くありません。

 

毛頭ありません。

 

むしろ普通に、「いやいや、そんな彼氏より俺の方が絶対幸せに出来る」ぐらいに思ってたんですよ。いや、正直今でも思ってます。

  

でも、違うんですよね。

 

だって

 

【彼氏といる方が幸せだから彼氏と一緒にいる】

 

わけですよね。

 

いや、まあ、当たり前なんですけどね。(いや、心の中では全然諦めきれてないんですよ。)

 

すみません。うまくまとまらなくて。(学びます)

 

最後に少しオススメの曲紹介させて下さい。

 

・一曲目

天体観測】by BUMP OF CHICKEN

 これは言わずもがな名曲中の名曲です。

 

歌詞は難しいので、深堀しませんが、なんと言っても

 

メロディー(特に前奏)が良い。

 

聴いたことない人はこの機会に是非聴いてみて下さい。

 

二曲目

 ・【餞の詩】


これは名曲というより、個人的に想い出深い曲です。

 

大学3年生のGWに【JAPAN JAM BEACH】というフェスに好きな人withBと参加したんですが、その時生まれて初めてこの曲を聴きました。

 

この曲は、このバンドが最後に演奏した曲だったんですが、演奏終わった瞬間隣にいた好きな人が自分自身にぽろっと

 

『今の曲、凄く良かったね』と呟いたことが、今でも忘れられません。

 

歌詞は、曲名まんまです。決して捻られた歌詞ではないですが、その時の自分の状況や心境、好きな人の発言とリンクして、とても想い出深い曲になりました。

 

失恋した人や、ずっと好きだった人とか今も忘れられない人が結婚したという人は是非聴いてみてください。

 

【きっと  あなたに僕の居場所なんて もう無いんだろうな
でも今が この今が 幸せだって思って 彼と暮らしていれば良い】

 

彼氏が高校1年からいる好きな人が何を思って良い曲だねと思ったのかもその時聞きたかったのですが、

 

でもそれ以上に、あの状況は

 

【幸せ】の2文字が確かに存在してた。

 

※ビバラロックについて、それこそ出演アーティストやアクセスの良し悪しや、ビバラガーデンのこと書こうと思ってたんですが全く深堀出来てなくてすみません。

 

では。また。