オレンジ定食

ネチネチ星人のフルコース

【ハロウィン】を味見する。

今宵はそう。

ハロウィン!!!

 

いま速度通信が激しくかかり、著しくネットが繋がらないので、画像とか本当は貼りたいが我慢する。てことで、

 

トリックオアパンチラ(くっそ適当)

さて偶然なのか必然なのか、

今日のお弁当

冷食の餃子(ニンニクって魔除けにならなかったっけ?)を入れてしまっていた

めっちゃ隣の上司に

餃子くさいって言われたわ。

 

さーせん。

てかにんにくって魔除けになるんだっけ?

 

なんか良くわかんないけど。
(なら話すな)

 

てか弁当作れるようにならねえとやべえわ。

 

いや、弁当というか料理を作るようにしないとなあとふと思った。

 

毎日冷食と白米だけじゃ幸せだけど、

 

身体的にかなりのダメージ及ぼしそう。

さて仕事の配属先の最寄駅が渋谷なんだが、

『今日は、はやめに帰った方が良いよ』

って言われて

『なんでですか?』(定時後にこの会話をして『なんでですか?』って聞くこと自体ナンセンスの極み乙女)

 

って聞いたら

『今日ハロウィンだから人がヤバいと思うよ。去年は帰りの半蔵門線スパイダーマンがため息つきながら電車で座ってたよ。』

 

スパイダーマンどうした。

 

フラれたのか。

 

そうかそうなのか。

 

俺もさ。(ヤメろ)

 

まあ自分は山手線ユーザーなので、

 

改札までに誰かに会えたりしないかなあ

 

まあスパイダーマン限定じゃなくてもいいや

 

って思ったら

 

 

少し広い広場で

 

ゾンビが自撮り棒で自撮りしてた

 

大丈夫かゾンビ。いや、なにが大丈夫かうまく言えないけどとにかくモロモロ。

 

今日も渋谷はうるさいです。

 

相変わらずうるさいです。(話すことがなくなってきた。)

 

では、また。

【2020年東京オリンピック1000(千)夜祭】を味見する。

実はあと1000日で2020年東京オリンピックが開催されるらしい

 

おめでとう!!!

 

つまり今日は

 

東京オリンピックが開催される1000日前ってことだ(いや言わなくても伝わるやろ)

 

YES!!!WE!!CAN!!(適当に言えば許されると思ってる)

 

1000日後は25歳かあ。やべえな25歳って。さすがに彼女ぐらいはいてくれよ未来の俺。

 

こんなふざけたこと俺は言ってるけど、きっとオリンピックに出る選手たちは

 

『あと1000日しかない』

 

とか思いながらトレーニング励んだり

 

『あと1000日でどれだけできるか』

 

なんてこれからのことちゃんと(ちゃんとってどういうことがちゃんとしたことなのか説明出来ない)考えて生きていたりしてるんだろうなあと

 

ふと思った。

 

逆に今日俺がしたことなんて

 

14時に布団から出て、(昨日の夜【やまとなでしこ】全話徹夜で観ました。)

 

近くのガソリンスタンドで灯油を給油して、

 

メルカリで売れた商品の発送するために

 

クロネコヤマトさん行ったらまさかの

 

知り合いが働いてて、受付をしてくれて

 

ほんの少し話した後に

 

『今度駅前のはなまるうどんでも行きませんか?』

 

ってさらっと口説いたら

 

『私小麦粉アレルギーなんですごめんなさい』

 

って

 

ピンポイント過ぎだろ!!!

 

泣いた(嘘です!フェイクストーリーです!)

 

まあご飯誘うことすらしてないけど、嘘だけど

 

まあ、普通に話して終わりました。

 

そのあと駅前のアパレルショップに行って、ちょっといいなと思った服を試着しながら店員さんに

 

『なんかこの服俺のこと好きっぽいですね』(真顔)

 

『あれっ、脱ぎたいけどなかなか脱がせてくれないぞ』(変顔)

 

『僕毎回街歩いてて思うんですけどチェスターコート系男子が最終的に清楚系女子を喰う感じがするんですよね』(真顔)

 

『俺マウンテンパーカー系男子なんですけど、いやどっちかーつーとマウンテンパーカー系とか言いながら登山一度もしたことないんですけど』(真顔)

 

とか言ってたら

 

店員の橋本さんが一言

 

『僕マウンテンパーカー系男子凄く好きですよいや、愛してる』

 

って言われて

 

惚れました(22才童貞ホモに目覚めるの巻)

 

ぐらいだわ。俺の東京オリンピック1000夜祭。

 

泣きそう。

 

最後に2020年オリンピックまでのあと1000日なんで

 

開催されるまでの目標を一言言いたいと思う、いや言わせてくれ。

 

仕事辞めないこと(白目)

 

では、また。

【メルカリ】の【デビュー戦】を味見する。

どうもこんにちは、ぽくぽんです。

 

ところで、皆大好きメルカリをさ、

 

このぼくもついにデビューしたんだけどさ、

 

デビュー戦でまさかの

 

大負傷!!!!!

 

あ、ちなみにメルカリとはなんぞやって方に

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。
インターネット上で、売買を気軽に楽しめるサービスとしては、ヤフーオークション(ヤフオク)が有名だが、最も高い金額をつけた購入希望者(入札者)が商品を購入(落札)できるというオークション形式に対し、メルカリはフリーマーケットの形式をとっているため、出品された商品の金額が提示金額より上がることはない。購入希望者の値下げ交渉によって下がることはある。

 

いやー、人が『何それ』って言葉に対して簡潔に説明でき、かつ一瞬で相手が一瞬で理解してもらえるような能力が欲しい。

 

まず、ぼくの性格とメルカリの性格が不一致パターンなのかわかんないけど、

 

性格不一致すぎて、

 

お金を稼ぐどころか、

 

お金を多く支払って赤字を叩き出してしまう始末

 

俺天才じゃね?

 

これからアガペーって呼んでいいよ俺のこと。

 

いやさ、

 

『メルカリで売ったら何でも売れるよ』って友達に言われたから、

 

まあ、あのジーエーピーで有名なGAPのパーカーを売ったのよ。

 

まあ、

 

ネイビーとグレーを1つずつ持ってたから、

 

1つずつ2500円で売ったのよ。

(いや実際は古着屋で1500円ぐらいで2つとも買ったんだけどさ)

 

まあ、ここですでに儲かろうとしてる俺はダメなのはわかってる。

 

で、掲載して何日かしたらいくつかコメントを頂いてね、

 

『安くしてくれませんか?』と

 

いや元々そんな2500円で誰か買ってくれると思ってなかったし

(いやすみません全然思ってました。)

 

いや実際メルカリデビューした理由も、まあ、小遣い稼ぎではないけど、いや小遣い稼ぎなんだけど、(いやどっちだよ)

 

いや、ぼくこれから一人暮らしやちょくちょくキャンプをしたいんですけど、その準備金というか、軍資金というか、

(ていうかこれから【いや】っていう文言が非常に出てきます)

 

いやもちろん一人暮らしする際に必要なお金って言っても、家具でいうダイニングテーブルやソファとか、

 

キャンプでいうなら、テントとか必要な小道具とか欲しさに始めんたんですが、

 

自分の能力ではそんな稼げないとはじめた瞬間に思い、

(細かいの嫌いなんですよね、まあ長所で置き換えると、おおらか的な?)

 

いや、というかそもそも論そんな稼げるアイテムを自分の家に所持してないからって理由で、で、まあ

 

月に1.2回行くか行かないかの

 

タリーズのコーヒー代とかの足しになればいいかなって結論に至りまして。ええ、まあ。

 

ちょっとさ、コーヒー一杯分のお金でも稼げたら嬉しいやん?ちょっと嬉しくなる程度のお金ですよ。

 

でね、話脱線したんで戻るんですけど、

 

商品に対して値下げのコメント頂いたからには

 

値下げしようと思って値引きしてくんだけど、

 

一回2000円に値引きするとさ、

 

『1500円なら即決します』

 

とか、

 

『少し考えさせてください』

 

とか言われんすよ

 

いや値引きしたから買ってよ!!!!!

(いやそんな人生甘くないし、実際買ってくれないからってそんなふて腐れてるわけでもない)

 

でも値引きしたけど誰も買ってくれないからさらに値引きにいってしまって

 

最終的に

 

1つ1000円(送料込み)で売ることになったんだよ

 

まあ、ここまではいいんだけど、

 

ここまではいいんだ

 

で、

 

こっからなんだ

 

そうこっからなんだよ問題は

 

商品が購入されても全額自分の利益にはならなくて手数料として1割メルカリに(この場合1000円の1割は100円だから自分の利益は900円)謙譲しなければならない。

 

さて、でも売れたし発送しようと思って郵便局行って

 

『一番安い発送方法で』

 

って頼んだら

 

まさかの、

 

『お1つ1370円です』

 

ぽくぽん『あ、わかりました』

 

ぽくぽん『ん?わかり、ました。』

 

ぽくぽん『え、いや、』

 

ぽくぽん『わかりかねます』 

 

いやー配送料1370円?

 

つまり

 

1370-900=470×2=俺の赤字

 

つまり

 

940円の損

 

ふぁ!、?、??

 

ドレミファ?!!!

 

損失940円だと!!!???

 

稼ごうと思ったのに

 

なんでこんなもはや俺がお金出してまで

 

パーカーを知らない赤の他人に譲らなければならないのだ

 

とか思っていやていうか

 

そもそも論

 

『なんでそんな料金するんですか?』

 

って聞いたらまさかの衝撃事実

 

いや、俺千葉県在住なんだけど、

 

郵便局員さん『発送先が、熊本北海道なのでこの値段になってしまいます』

 

最北端とほぼ最南端じゃねえか。

 

そりゃそうなるな。

 

コーヒー一杯分でも稼いで、来月あたりドトールで優雅な休日を過ごそうと思った俺が馬鹿だった。

 

コーヒー飲んでないのにコーヒー4杯分を道端に落としたと考えるしか、な、い。

 

いや、パーカーを買って頂いた2人が喜んでくれたら940円の損失なんて安いもんさと

 

言うしか、いや、思って過ごすしかない。

 

では、また。

大学生活を懐かしみながら【きょうのできごと】を味見する。

山田:あれ、壁に挟まれた奴どうなったんや

正道:え、なに今日、そんな奴もおったん?

山田:うん、壁に挟まれて動かれへんようになってん。ごっつおもろかったで。

正道:俺らが知らへんうちに色んなとこで、色んなことが起きてるんやなあ。

 

この会話、【きょうのできごと】という映画の中から抜粋しました。

 

さて、皆さんこんにちは。毎度おなじみぽくぽんです。

 

最近は、お近くのノースフェイス(勿論隠語)さんが弾道ミサイルなり核爆弾なりをしていて(いやもっと前からしてるけど)、『ミサイルが上空を通過してます』ってテレビで放送されてる時、

 

全く持って生きてる心地がしなかった。

 

さて先日高校の友達が1年アイルランドに行くって言ってて、出国前日にスーパー銭湯に行きました。

 

行って思ったのは、なんか、ああ、高校の頃ふざけてしかいなかった友達同士と真面目な話(将来や恋愛や生活、したいことやりたいこととか)をするのが凄く面白かったです。

(いや本当に高校の頃は誰が一番怖い先生の授業受けながらお尻出していられるかとか、授業さぼって屋上でずっと空見てたりとか、どこの棟の階段からだとパンツが見えるとか、もはや学校の先生のこの時間帯は何してるとか本当にくだらないなとしか思えない日常でした。)

 

はい、そんなどうでもいい話です。

 

そんな友達との会話の中で思わず、『ほおお』って唸ってしまったのは、海外に行く友達に友達が言った言葉で、

 

海外1年も行くんだから、どうせなら感無量だった。と言えるような1年を過ごしてきてな。

 

感無量と言える1年かあ。と。僕自身の日常は感無量かなあと日常を振り返ってみたら、幸せな日常だけど、感無量とは言えない日常だなあと思った。

 

いや、そもそも日常に感無量を求めること自体がナンセンスだよなと思った。

 

まあ、知らない人に出会い、母国語でない言葉で人と繋がりにいかないといけないって、想像するだけで自分は億劫ですし、その友達を尊敬します。(いや、尊敬はしてないな。いや、尊敬するとこもあるけど大半は尊敬出来ないわ。)

 

と、こんな無意味な話をだらだら書き連ねていって何が言いたいのかと言うと

 

そのスーパー銭湯に行った日、銭湯に行く数時間前に銭湯に行くことが決まって、深夜に集まって、スーパー銭湯に行ってお風呂で話したり、銭湯の帰りに寄ったコンビニで食べるカップ麺の不可思議とも言える美味しさだったり、車の中で喋るほんと些細なことだったりが、

 

凄く、楽しかったんです。幸せだったんです。

 

それで、思い出したのが、上記の映画、

 

きょうのできごと】です。

 

きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]

きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]

 

 

けっこー(出演してる俳優さん達は豪華だけど)マイナーな映画だと思ったので、この映画についてのブログを書いてる人が沢山いるのは嬉しい気持ちですね。

 

【あらすじ】

京都の大学院に進学する正道(柏原収史)の引越祝いに集まった仲間たち。恋人の真紀(田中麗奈)、親友のけいと(伊藤歩)と共に訪れた中沢(妻夫木聡。そんなごくありふれた「大学生たちの一日」を描きながら、それぞれの登場人物に焦点をあてて、代わる代わる断片的にエピソードが展開されていく。

 

ようは、大学生が過ごす1日をひたすら2時間映画にしたって映画です。

 

【個人的感想】

いやねそこのあなた、つまんないと思うやん?

 

つまらないと思うやろ?

 

つまらないか面白いかは置いといてって置くんかい!!!

 

僕は単純にこの映画が好きです。

 

なぜなら

 

出演してる俳優さん達が好きだから!!!

 

大学生活思い出しながら『こんなやついたわあ』と懐かしがれるから。

 

この映画に出てくる出来事のほとんどを経験してるから!!!

 

まず、この映画あらすじにて少し触れたんですが

 

友達の引越祝い。で共感。

 

引越祝いだから大勢の友達を家に呼んで飲み会。で、共感。

 

飲み会で酔ったやつで、毎回同じ話するやつが出てきて、で、『こんな人いたわあ』で、共感。(僕の友達は酔うと説教をひたすらしてくる人がいました。僕は、トイレが長いという理由でめっちゃ怒られた。あんな怒られることしたかなあとか今思うと疑問に思う。)

 

飲み会中盤戦でいきなり『髪の毛切るよ』とか言い出して、数人の男子が髪を切られるところで激しく共感。(僕は友達の家でハリーポッター観るために行ったのにいつのまにか自分の髪の毛をノリで切られ、かつワックスかけられるという始末。)

 

帰りのSAの自動販売機で缶コーヒーを買って友達と談笑したり、で、(僕の場合は『缶コーヒーの微糖ってさ、あれ微糖じゃないよねもはや』みたいな感じで)共感。

 

 本当に久々に会った友達と道端で会って、連絡先とかも交換したのに、相手の名前を思い出せないでいることとか、共感。(話してる間ずっとこの人だれだったかなあって思ったりする始末。)

 

いきなり『これから蟹食いに行かね?』とか言い出して、深夜に車で蟹食いに行ったりするところで共感したり、

(いや、蟹じゃないですけど、いきなり深夜これからどこどこ行かない?とか言われて沢山色んなとこ行ったなあ。)

 

宅飲みでお酒が足りなくなり、近くのコンビニまでチャリで行った帰りに車に轢かれてそのまま轢き逃げされたり、で共感。(というか大学の友達が轢き逃げされたことあって、本当にあるんだってその時初めて実感した。)

 

 まあ、きりがないんですが、

 

本当に大学生の日常を切り取った映画です。

 

そんな自分と重ねることしか出来ないこの映画が好きです。

 

【好きなシーン】

引越祝いに来てる河内君という男の子がいるんですが、河内君はその日の引越祝いに参加するまえに彼女とデートしてるんです。で、そのデートの最中に喧嘩をしてしまうんです。

 

河内君は、皆に優しすぎるせいで、空気を読めず、かつ、思いやりのつもりで言ったのに先輩にキレられる始末。そして、彼女にもキレられてしまいます。

 

そんな河内君は、物語終盤で『蟹食いに行こうぜ』って皆に誘われるんですが、彼女の住むアパートに1人向かうんですね。

 

約束をしてないのにですよ?

 

そしてエンドロールの直前彼女のアパートにつくんですが、なんと彼女さん

 

玄関の外で新聞を読みながら河内君がくるのを待ってたんです。

 

約束してないのに新聞を読みながら待ってたんですよずっと。

 

最高に美しすぎやしませんか。

 

約束もせずにこの2人は出逢うべき場所で出逢うという、

 

美しすぎるよ。おじさん泣きそうだよ。

 

そして終わり方が良い。

【最後に】

自分の共感するとこ書いてたら

 

もろネタバレになってましたが

 

この映画はどちらかというと雰囲気を味わう映画かなあと、

 

熱心に観てどうこう言うより、

 

僕はポップコーンMIKEを食べながらばんやり観てました。で、良かったなあうんうんっうなずく感じ?

 

まあ、4月から働いてますが、

 

なんの当たり前ですが、

 

仕事終わった後いきなり大学の友達に『これから蟹食いに日本海行くぞ』みたいな会話は今の自分の生活に潜んでないしていうか存在しないし、平日の深夜にいきなり家にくる友達もいないし、いきなり髪を切るよーとか言われることもないしもはやはじめることもないし、約束を交わしてもないのに朝まで新聞読みながら彼氏が来るのを待つ生活なんてないんですよね。

 

そんな、無計画で生きてた無意味ともいえる生活が今はとても愛おしくて、

 

 

意味しかない4年間だったなって思ってます。

 

では、また。

【失恋】を【CANDY】と共に味見せずに【噛み砕く】

どうもぽくぽんです。

最近少し肌寒い日がちょっとずつ訪れてきています。

風邪引いてませんか。

くしゃみばかりしてませんか。

僕はもう家でも会社でもくしゃみをしまくりです。

 

くしゃみしすぎて飽きました。

 

周りからくしゃみ小僧と言われてます。(大嘘です。)

 

この9月は季節がかわる節目だし、

 

暑かったり少し寒かったり、そんな天気ばっかりですが、ぽくぽんは相変わらず元気出し相変わらず好きな人のことが好きです。

 

はいメンヘラ!!!

さて、前置きはこのくらいに終わりにして、

今日はMr.Childrenの【CANDY】という楽曲に少しだけ触れたいと思います。

そこの失恋した人!

いま一番辛い恋愛してる人!!!

こんなこと皆から言われると思いますが

黙れよって感じですが

頑張って下さい。

納得するまで好きでい続けて下さい。

では、CANDYについて。

まずはこの曲が収録されてるアルバムは

アイラブユーです。

I LOVE U

I LOVE U

 


あの音楽大御所ミスチル大先生がアイラブユーなんてアルバム名からして安っぽいアルバムかなあと思ってる人や、

なんとなく敬遠していたミスチルユーザー

勿体無い。

 

実に勿体ないぞ。

 

それ夏という最高な季節を生きてるのに、

 

炭酸水の存在を知らないぐらいの人生だよ?

 

いや、もはや存在を知ってるのに飲まないのと同じくらい勿体ない。

僕は愛や、MAIに目覚めてからは、

このアルバムを誰よりも聞いた自信があります。
(signや靴ひも、ランニングハイや跳べ、隔たりなど)

名曲しかありません。いつか暇な時間や書こうと思った日がきたら書かせてください。

てか前置きの前置きをしすぎていつまでたってもCANDYの話が出来ないじゃねえか。

今度こそ。

さて、この曲を聴いたことがある人はわかる思いますが。

失恋の曲です。

最近、てか、高校生の頃から思ってたけど、

歌って、失恋の曲か成就した曲か、人生についての曲ぐらいしかないよな。

ていうか、成就した曲より失恋の曲の方が圧倒的な差で多いと思うのはおれだけですかね?

また話がそれたわ。

この曲は最初のワンフレーズと、最初の前奏で心鷲掴みされます。

諦めよと諭す回路に君がそっと進入してきて

何食わぬ顔で夢をちらつかす


やばない???

きっとこの歌に出てくる主人公の僕は

君のことがまだ好きなんでしょう。でも(付き合っていたのか分からないが)関係はもう終わってしまった。もしくは、僕、つまりそうぽくぽんのように好きで想い続けてる途中、誰かに取られてしまい、もう諦めようとしてるかもしれない人かもしれない。

とにかく、この主人公、

君のこと、忘れようと諦めようと必死で頑張ってるはずなのに、

好きな人が何食わぬ顔で夢を見せてきます。

 

あ、悪女だなあ〜

 

こういう子いるよなー。そういうこに限って寂しがり屋だったりするんすよきっと。 

 

いや、時々いるんですよ、ほんとに。

 

別れても今まで通りの関係つまり友達のように戻れる人か、それとも、

 

逆に別れたらもう元の関係つまり友達のころに戻れない人がいます。

 

ぼくはどっちかーつーと後者で、

 

だから前者の人のようになりたいけど、前者になれない理由は

 

失恋を引きずる傾向があるからなんですよね。きっと。

 

さて、次の歌詞にいってみましょうか。

上手に包んで仕舞ったものが「飛び出したい」と疼いてる

 

自分でうまく、この(自分ではどうすることも出来ない大)失恋を仕舞っといたのに、

 

あの子が少し期待させるようなことしてくるから、好きで好きでたまらない!飛び出したい衝動に駆られてる恋心というのか愛心というのか、

 

やはり、恋は盲目という言葉正しくて、恋愛で人は簡単に壊れるなって思わずにはいられません。

ほろ苦いキャンディーがまだ胸の奥にあった

気付かせたのは君。

一番目のサビでこんな歌詞があります。ほろ苦いのほろの意味はなんとなくっていう意味だそうです。

 

なんとなく苦いキャンディ、

 

んー、あんまり型にハマったしっくりした言葉な感じがしないですね。

 

ほろ苦いって言葉作った人、やりおる。なんとも言えない恋愛。

 

そもそも、簡単に言い切れる関係性なんてあってもないような感じですよね。

 

甘酸っぱいキャンディーが 僕の胸のポケットにあるんだ

君が食べておくれ

 

あかーーーーーーーん

 

戻ってこい!!!そんな失恋を引きずっても意味ないってことぐらいわかるだろ!!

 

って主人公に言いたいが、恋愛はもはや損得勘定抜きの世界。何言っても意味がないですね。

 

 ふと夕暮れに孤独が爆発する

 

わかるわー

 

ひとり近くの川の土手で土曜の夕方聴くとくるわーなんかわからんけどくるわー

 

最近好きな人から連絡全く来ねえからもっとくるわー

 

てか彼氏でもないけど独占欲しかないわ終わった。

 

甘酸っぱいキャンディー

 

先ほどのほろ苦いキャンディーから甘酸っぱいキャンディーへと変わっています。

 

お互い少しいい感じになってる恋なんでしょうか、それとも彼女を再び愛そうという主人公の思いが強くなってるのでしょうか。おそらく後者ですよね。 

 

曲を聴いていくと

ひとり夜更けに 孤独が爆発する

こ、、こやつ、、孤独しか爆発させてねえ。

 

そして、最後の歌詞の2つのキャンディの比較をミスチル先生は重要視してる(気がする)

 

 ほろ苦いキャンディーが まだ胸のポケットにあった
ただ ひとつだけ

 

形容しがたい、うまく説明できない。

甘酸っぱさだけではない、なんとなくほろ苦いキャンディ(恋心)は主人公自身持ち合わせていた。

 

そして、君と出会って、再び生まれた

 

甘酸っぱいキャンディーが まだ胸のポケットにあるんだ
君が食べておくれ

 

最後、君が食べておくれって、

 

前へ進む気ゼロやないかい!!!!

 

思いっきり泥沼にはまってるやないかい!!!

 



最後

 

様々なことで悩んだ人。

 

新しい人見つける努力や

 

今の人に振り向いてもらうために努力してる人、

 

どちらもしてないけど、この感情になかなかくぎりをつけられない僕のような人。

 

人になんと言われても最終的に就活でも恋愛でも人生でも幸せでも決めるのは自分なのは百も承知ですが、

 

それでも、少し不安な人、

 

BUMP OF CHICKENのbeautiful glider暇あったら聴いてみてください。

 

BUMP OF CHICKEN先生が優しく隣で応援してくれます。

 

 もう答え出ているんでしょう どんな異論もあなたには届かない

 

 もう誰の言う事でも 予想つくぐらい長い間 悩んだんだもんね

 

では、また。 

【往復書簡】【不帰の初恋】。【太賀】と【松岡茉優】の【朗読劇】ならぬ【会話劇】を味見する、いや、堪能する。

坂元裕二「往復書簡 初恋と不倫」(リトルモア)

わたしの初恋は、わたしの日常になりました


どうも、幸せ越えた、ひやわへです。

 

ずっと今の気持ちでいたい。

 

スピッツの言葉を借りると

 

生きる意味を越えていた

 

まさしくそんな気持ちで今日一日を過ごすことができたっていうか今振り返ると、幸運だったなと思います。

 

さて、今回のブログを綴っていく前にいくつか感謝しなきゃいけない人がいて。


と、その前にまず、今日はタイトルにも書いてあるように

 

朗読劇があったんです。もちろん僕は観客側だったんですけど。


朗読する俳優と女優が太賀と松岡茉優という方で、太賀

こちら

 

太賀BOY(城之内ボーイみたいな呼び方やめろ。)

 

1993年の2月7日生まれなので、ちょうど僕の2個上ですね。

 

同じ早生まれとして、うれしく思います。

 

そして、松岡茉優さん

松岡茉優

1995年の2月16日生まれです。そうなんですなんとぽくぽんと

 

ONAIDOSHEEEEEE

 

こんな誰が読んでるかも分からないブログを書き、上司からは何度も同じことで注意され、好きな女の子と付き合うこともなくただ想いをよせてるだけの俺と

 

松岡茉優が同い年なんて、感化しかされないわ。松岡茉優が世界に幸せを振りまいてるように、僕なりに悩んで考えて大切な人を幸せに、自分も幸せになりたいと思うのです。

 

この太賀と松岡茉優の2人は、個人的に凄い好きな俳優さんで。ただただ好きで。

 

2人とも色んな役をこなせていて、かつ、なんか、2人を褒め倒す語彙力ないおれがただただ悲しいんですが、これからもテレビとか演劇とかで会えたら良いなあと思う俳優さんです。

 

さて、朗読劇のことも沢山話したいですが、それよりもさきに感謝すべき人が数人。

 

まず!

 

今回のチケットを購入の手伝いをしてくれた友達のブス田ブス実(以下ブス実)と、好きな人(以下MAI)。

 

本当にありがとうございました。

 

はいこれだけ言っとけばおっけーしょ。(くそ適当)

 

さて朗読劇の話をさせてくれ。

 

したくて今夜は眠れないんだ。

 

まず朗読劇を見終わった瞬間の感想を箇条書きにまとめると、

 

松岡茉優が可愛すぎた

大事なことだから二回言いますね。

可愛すぎだろ馬鹿

 

もはや今日伝えたいのはこの二行。

 

だけではないですが、

 

松岡茉優がとにかく良かった。

松岡茉優の着てるパジャマみたいな衣装がたまらなかった。

松岡茉優の声が良かった。

④太賀の朗読が全体通して良かった。

⑤脚本家の坂本裕二さんに会えた。

 

っすかねー。いやーーー。

 

今回参加させて頂いた朗読劇のだいたいのあらすじはこんな感じです。

 

初恋の人からふいに届いた手紙。
時を同じくして目にしたニュースでは、彼女の婚約者が運転する
高速バスが横転事故を起こし、運転手は逃走中だと報じている――

 

主人公は太賀演じる玉埜と松岡茉優演じる三崎の二人のみです。

 

ストーリとしては二人が中学一年生の時に初めて出会ってから別れるまでの章と、

時間が流れ、三崎の婚約者が起こしたバス事故から二人の距離がまた縮まっていく章と、大きく二つに分かれます。

 

この、朗読劇、なんとお互いのメールや手紙だけで会話のやり取りをされます。

 

90分間すべて会話。

 

でも、会話が楽しいんですよ。。。

 

たとえば、玉埜君が三崎さんに宛てたメールで、

 

玉埜:昨日上司に呼ばれて引っ越しの手伝いをしました。

息子さんが飼ってるカブトムシがいたので、以前教えてもらった、カブトムシは片足をあげておしっこをするという話をしたらとてもウケました。

調子に乗って、恐竜の種類にはエロマンガサウルスというのがいるという話をしたら、奥さんが舌打ちをしました。

とか、玉埜君が三崎さんを救いたいがために奮闘してる時のメール(会話劇)では、

玉埜:思い出の中の三崎さんを助けることができないなら、今日の三崎さんを連れて逃げたいと思ってるのです。

三崎:逃げるって、どこにですか。

玉埜:どこでも構いません。香港とかバンコクとかブカレストとかプダペストとかカサブランカとかカブールとか。

三崎:玉埜くん。眼鏡の広告の仕事はどうするのですか。カブールってアフガニスタンのことですか。どうやってアフガニスタンで生活するんですか。

玉埜:バイトとか。

三崎:意地悪を言うようですが、まずは『アフガニスタン バイト』で検索してみてください。

玉埜:検索しました。残念ながらアフガニスタンにバイトはないようです。

などなど。

 

どうでしょう。僕は読んでて思わずくすっとしたんですが、

 

朗読で聞いたら太賀と松岡茉優の会話が凄い噛合ってるし、タイミングとか間とか絶妙なんですね。特に松岡茉優の会話の入り方タイミングが個人的に完璧だなと思いました。

 

とにかく朗読する二人の力量がはんぱなすぎて、

 

僕は二人の朗読を聴きながら終始すすり泣きしていました。

 

他人が朗読するのって、自分で本をただ読むのとは当たり前だけど全然違って。

 

実際に俳優さんが本を朗読するのとだと主人公たちの声や発声、イントネーションや、

 

会話の間、息使いであったり、空気間や章が変わるにつれての雰囲気の違い等が全く持

 

って変わるので、やはり、本も良いけど、この本は、朗読劇あってこその本なのかなあと少し思いました。 

往復書簡 初恋と不倫

往復書簡 初恋と不倫

 

 
本も読んで、朗読劇にも参加したぼくですが、太賀と松岡茉優演じる朗読劇の4章と5章が圧巻でした。さいっこうにこころくだけた。

 

玉埜君演じる太賀がメールを読んでる間でも松岡茉優の身体の動きや喜怒哀楽を表情ではなく感情という見えないオーラで表してる感じが感無量だった。

 

ストーリー的に二人の初恋がどうなるのか実るのか実らないのかはこの本ではあまり重要視されていません。

 

それよりも相手を想い続けての手紙や会話によって二人に距離が縮まる感覚、会話で心が通じ合う瞬間、そして、人が人を好きになる、そんな、そんな奇跡的な幸せをこの本では伝えたいのかなあと思います。

 

終盤の、中学生の頃お互い思っていたのに結局離れ離れで気持ちを伝えずに終わった二人。事故により再び出会い心が通じ合っていく過程でのお互いの独白が泣けたので少し綴らせてください。

 

玉埜:僕と桂木さんが今いる場所は、かつて僕と三崎さんとで来た場所です。随分と変わりました。

昔三崎さんとそうしたように歩いてみました。当時を思い出します。

ああしとけば良かった。こうしとけば良かった。そんなことを思いながら想像します。

ありえたかもしれない僕と君の続き。

本厚木中学校の卒業式に出席する。

観覧車に乗って家はあっちの方だとか言って指さしてる。

就職が決まって似合わないスーツを着た僕を君が笑う。

会社の帰りに待ち合わせて、同級生の誰が結婚したとかを報告しあう。

そんな明日があったかもしれない。

きっと、絶望って、ありえたかもしれない希望のことを言うのだと思います。三崎さんの手を握ることは出来た。だけど大切なことは、握ることじゃなく、放さずにいることだった。

三崎さんのことが好きでした。それじゃ。

 

三崎:わたしの初恋はどうなったか。わたしの初恋はわたしの日常になりました。

例えば長めで急めな階段を降りるとき。

例えば切手なんかをまっすぐ貼らなきゃいけないとき。

例えば夜寝る前、最後の灯りを消すとき。

日常のそんな時、玉埜くんとつないだ手を感じているのです。

あの日バスに乗った時も君の手を感じていました。

支えのようにして。

お守りのようにして。

君がいてもいなくても、日常の中でいつも君が好きでした。

 

この朗読劇及びさまざまなドラマ等で脚本を担当している坂本裕二さんが素晴らしいのは百も承知ですが、

 

今回、太賀と松岡茉優を朗読劇に抜擢したこと

 

そもそも朗読劇の企画を誰かが提案し実現したこと

 

そして友達がチケット当ててくれたこと

 

そしてなにより自分の身体で朗読劇に参加できたこと、これがぼくの日常の中で支えのように、お守りのようにして、生きていこうと思います。

 

ありがとうございましたこの時代に生まれてこれて

 

THANK YOU MAI !!!!

 

そこに結び付けるのかよ!!!!!

 

まだまだ語り足りないが、ブログも毎回まとまらないが、寝ますね。

 

GOOD NIGHT !!!

 

 

 

 

かしてな

【はんぶんこ】と【メーデー】と【想い】を味見する。

人生が、ラブストーリーでありますように。    明治製菓

クリックすると新しいウィンドウで開きます
なんと素敵なキャッチフレーズだろうか。


どうも、おひさです。ぽくぽんです。

 

皆聞こえるか!!!!!

 

2ヶ月ぶりの登場だぞ!!!

 

泣くなよ!!!

 

え?泣いてない?もはや消えろ?

 

消してーーーーーーー!!!!

 

リライトしてえええええええ!!!

 


Asian Kung-Fu Generation - Rewrite

 

え?リライトしないの?

 

え?今はリライトしたい気分じゃないの???

 

え、じゃなにすんの??

 

ばななでもくわえんの?え?

 

さて、まあこの2ヶ月で色んなことが起きた。

 

たった1日でもたくさんの出来事が起きるのに、

 

2ヶ月と言ったらなおさらよ。

 

友達が音信不通になったり

 

ハチクロかよ!!!自分探しかよ!!!

 

仕事でミスしたり

 

お得意先のデータ間違えて消去しちゃったぜ

 

てへぺろ!!!!!!

 

好きな人からは相変わらず連絡こねえしよおおおおおお!!!

 

どうしてくれんのおおおおお!!!

 

俺の生きる活力つまり

 

KATSURYOKUが足りないんだけどどうしてくれんのおおおお!!!!

 

メンヘラになっちゃうんだけどどうしてくれんのおおおおああ!!!!!

 

MENHERAになっちゃううおおおおお!!!!

 

とまあ、文面だけは元気です。いや、普通に元気です。

 

こんな仕事出来ないのにお金貰って申し訳ねえなあとか思いながら、

 

日々、生きてるぜ。すまねえ社長。

 

いや、すまないJAPAN。

 

さて、きょう味見するものは

 

【はんぶんこ】という気持ちを味見してみようかと思ってんだけどいいSAY YES???

 

さて、

 

これをまずは見てくれ。


Sweet Life♪ CM「はんぶんこ」篇 30秒

この明治のCM、めっちゃ良くない???

 

良ない???

 

良いよね!!!!!
(無理やり)

 

俺この時中学生。

 

8年前とかなんも覚えてねえわ。

 

なにしてたかさえも覚えてないわ。

 

はじめて快感という名の快感を得たぐらいだわ。(いやそれ一番汚い出来事や)

 

まあ、【はんぶんこ】って、考え、凄く、素敵じゃないですか?

 

だってさ、友達と2人で歩いててさ、

 

道の真ん中に一万円落ちててさ、

 

拾うじゃん?

 

もちろん自分達に奉納すんじゃん?

 

そこで、はんぶんこすんじゃん?

 

諭吉をはんぶんこすんじゃん?

 

お札をはんぶんこに切るじゃん???

 

いや、切ったら価値なくなるわ。

 

まあ、とまあこんな感じで。

 

あとは、雪見だいふくとかパピコとかあれなんだよ。

 

1人で2つ食べるよりもさ、

 

2人で1つずつ食べた方が美味しくなるってあれ

 

なにごと!!!!

 

どんな副作用身体に効いてるんだよ。

 

だって、1をさ、0.5にするのにさ、

 

幸せが1から2に増える可笑しさ。

 

これがあれか、人生か。

 

生きる人生の意味か。

 

と思ってたら、

 

BUMP OF CHICKENの【メーデー】という曲を思い出した。

メーデー

メーデー

 

苦しさと比例して 僕らは近付ける

 苦しさがあるほど、解り合える。そんな存在、幸せ以外になんと言う。

傷つける代わりに同じだけ傷付こう
分かち合えるもんじゃないのなら 二倍あればいい

 同じだけ傷付こう。からの、分かち合えないなら、二倍あればいい。

 

BUMP OF CHICKEN 先生、 いや、 BUMP師匠

 

ありがとう。心のモヤモヤをほどいてくれて。

 

【はんぶんこ】が出来る(分かち合える)ことで、お互いがしあわせになること。

 

【はんぶんこ】が出来ない(分かち合えない)ことで、お互いが大切な存在になること。

 

どちらにも通じるものは【相手を想う】それのみだと思いました。

 

さて!前述した歌詞も昔から大好きだけど、一番目の歌詞にある

呼ばれたのが 僕でも僕じゃないとしても
どうでもいい事だろう 問題は別にあるんだ

 うまく説明出来ませんが、ここの歌詞は本当好きです。特に

どうでもいい事だろう

って主人公自身が思えてるってことですよ。

 

恋愛感情とか、人間関係の損得とかでもなく、ただ、君を救いたい一心が出てて、最高です。

 

 

ちょ、メーデーの主人公、お前、ウルトラいいやつかよ。

 

そんな風に相手を思いたかった、てか、俺もたぶん思ってた。

 

つまり、俺、ウルトラいいやつ。 

 

あーーー好きな人の隣で好きな人を笑顔にずっとしてたかったなー。

 

はい、後悔です。懺悔です。

 

でっは、また。