読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ定食

ネチネチ星人のフルコース

【夜のピクニック】を味見する。

 さて、ここ1ヶ月でだいぶ暖かくなりました。いや、暑くなりすぎかもしれません。いや、暑すぎ。

 

キレそう(落ち着け!!!)

 

因みに4月に入ってから、好きな人や、周りの友人などは、恋人と公園などに出かけてピクニックしていたらしいです。

 

キレそう(落ち着け!!!

 

春先だと、冬の気温とは段違いの暖かさで思わず外に出たくなりますよね。

 

もしかしたら、もう今年に入って家族や友達、恋人、もしくは1人でピクニックしに行った人もいるかもいれません。

 

さて、今回のブログのタイトルにもなってる【夜のピクニック】、実は小説の題名なんですね。なんですよ。

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

 

あらすじは、こんな感じ。

高校3年生の主人公である甲田貴子が通う高校の一大行事である歩行祭】。

この歩行祭】、全校生徒が80キロを24時間かけて歩き通すというなんとも鬼畜の所業。

この小説は主人公の甲田貴子が高校3年の最後の歩行祭について描いています。

貴子は、この歩行祭にひそかに実行しようと思っていたことがあるのだが、、、

 

とまあ、こんな感じですよ。

 

適当かよ!

 

そーですが何か!?(開き直ったよこいつ)

 

僕自身は、この本を読むまで24時間かけて歩くことなどなかったので面白い設定だなと思いました。

 

文章の表現力や、登場人物たちの魅力や会話の面白さなどがないとつまらない作品になると思いますが、それを面白くさせることに見事成功してる恩田陸

 

さすがだな、褒めてやろう!(何様だよ!!!)

 

蜂蜜と遠雷でも話題になりましたよね。

 

24時間かけて歩く中で、主人公、そして、主人公の周りの友人などが、語り合ったり、笑いあったりするんです。それがつまり青春なんだよな。

 

殺人事件などはもちろん出てきません。

 

(湊かなえとか東野圭吾だったら運動会と修学旅行を題材にしてもバンバン人殺しそう)

 

嘘です!すみませんしたっ!!!

 

この【夜のピクニック】は高校生の頃にはじめて読んだのですが、個人的に何度も読み返してしまう名作です。

 

実はね!!!

 

この歩行祭】という設定ですが、実際の高校でも行われてるらしい。

 

それを知った瞬間、高校時代に歩行祭を体験した&これからする人に激しく嫉妬しましたよ。

 

最高じゃねえか(泣くな!!!)

 

読んでて思うのは、夜になってからのシーンがいいんですよね。

 

昼間あまり話さない話題であったり(よくある修学旅行の部屋での会話)、

夜中に飲む缶コーヒーやお菓子(ドライブの休憩がてらSAで飲む缶コーヒーやフードーコートでの食事)であったり、 

 

【高校】といい、【大学】といい、

 

可笑しいくらいに楽しかった。

 

夜って危険も沢山あるけど、それ以上に魅力的ですよね〜。ほんとに。  

 

好き(何が???告白????小声にならないでっっっ)

 

さて、この小説の中で好きなシーンがあります。

【忍】という登場人物から発せられる言葉です。この【忍】、

 

名言マシーン(落ち着け!!!)

 

さて早速忍の名言を紹介しよう!!

 

忍【世の中って本当にタイミングなんだよな。順番と言ってもいいけど。

 

忍の親友である西脇融に、ある出来事で激しく後悔をし、タイミングこそ人生で重要であると説いてるシーン。

 

ぼく自身も、

 

【タイミングが悪かった。だから仕方ないよな。】

ってことはしばしばあるんですが、

最初からタイミングが悪かったからの一言で片付けられるのも、なんかぼくは嫌だったんですね。多感なあの頃は。(と言うか2.3年前。)

でも、タイミングって本当に大事だなと痛感します。

今、ぼくの好きな人は高校から付き合ってるんですが、大学1年の夏頃一回別れてたんですね。

 

1年の秋頃諦め半分で声をかけたら奇跡的に接するようになって、1年の終わりにはだいぶ仲良くなってたんです。


見た目が堀北真希より可愛いから、

『こんな子と仲良くなれるなんて一生ないな』と思ったし、『この関係壊したくないな』『告白してなんか嫌な雰囲気になったらやだな』とあれこれ思っていたら、

 
いつのまにか2年の夏に元彼氏と復縁してしまった。

 

キレそう(再発!!!)

その時に既に流行っていたラインで一言。

『元彼と復縁した。』

って言われたのを今でも覚えてる。


あー、好きな人絶対自分が好きな人のこと好きだって知ってたんだなって。


それ含めて復縁したんだなって。

 

激しく後悔したのと同時に自分を心底恨みました。

 

女の子って待たされるの(告白するの遅い人とか)嫌いだけど、一度付き合って愛した人はずっと(例えば留学で1年とか離れても)待つことが出来るんだよなって、少し女の子を知った。

 

復縁してからは凄い順調な感じで、

 

今だからていうか、ブログだから、顔見えないから言うけどさ、

 

泣きそう(落ち着け!!!!)

 

人生に【もしも】は許されませんが、それでも何度も考えましたよ。

 

もしもあの時告白してたらなんか変わってたんじゃないかなって。


そこから【第1次病み期】の到来ですよ。【ファーストインパク】の始まりですよ。


大学4年春まで続きましたよ。

 

あー病むの楽しかった(落ち着け!!!)

辛かった。

 

話戻そう。戻らないと、

 

戻ってこれない(落ち着け)

 

さっきの【忍】の会話の続きで、【忍】はタイミングの話を経て、

 

忍【もっと、こう、(融に)ぐちゃぐちゃして欲しいんだよ】

 

と、西脇融に伝えます。(何でこの流れになったかは、すみません小説読んでください、、)

 

先ほどは『病むの楽しかった』と冗談で言いましたが、

 

逆に考えました。

 

もしも、あの時付き合えてたら、この苦しみだったり、あの、禍々しい感情だったり、言葉に出来ない思いだったりを、知れなかったんじゃないかって。

 

知らずにただ幸せになってただけなのでは。と。

 

そう考えたら、

 

あの(この)大失恋は意味しかなかった。

 

 また、小説では、【引き算の優しさ】、【マイナスの優しさ】について触れます。

 

マイナスの優しさ】ってなんだと考えました。考え抜きましたが、あまり良い答えが見つかりませんでした。

 

プラスの優しさについて忍が言います。

 

【俺らみたいなガキの優しさって、プラスの優しさじゃん。何かしてあげるとか、文字通り何かあげるとかさ。】

 

子を持つ親目線から考えると分かりやすいかもしれません。

 

例えば子供の勉強なども、ずっと付きっ切りで見ていたり、いい塾を子供に紹介したり、勉強方法教えたり、応援したり、いろいろ口だしたり、ですかね。

 

知り合いには『テストの学年順位で2位になれたら、父親から5万もらえるんだ』と言ってた人が高校の頃クラスにいました。金で釣る感じでしょうか。

 

に対して、マイナスの優しさについて忍は、

 

何もしないでくれる優しさ

 

と答えます。

 

さきほどの例えを出すと、勉強についても何も言わない、見守り続ける。などですかね、、(すみません思いつきませんでした)

 

見守る。つまり、見返りを求めずに相手を思い続ける。つまり、

 

無償の愛(泣きそう)

 

さっきの忍の名言【ぐちゃぐちゃ】について、

 

【ぐちゃぐちゃ】=【青春の揺らぎ、煌めき、若さの影】=【臭くて、惨めで、恥ずかしくてみっともないもの】

 

と小説は(おそらく)解釈しています。【愛】もきっと【ぐちゃぐちゃ】した感じなのでしょうか。

 

ぽくぽんは自分なりに【ぐちゃぐちゃ】を言葉にしようと思った結果、

 

【ぐちゃぐちゃ】=【知らない(知りたくない)自分と沢山出会うこと。】

 

となりました。(そのまんま過ぎる、、、)

 

特に学生時代なんて多感中の多感じゃん?

 

以上!皆もぐちゃぐちゃになれ!!(適当かよ!!!)

 

最後に、

 

実は大学卒業前に、バイト仲間と2人で60キロを歩きました。

 

歩いてて50キロぐらいからひたすら思っていた

 

なんで歩いてるんだろって。(落ち着け!!!)

【VIVA!!!ビバラロック】を味見する。

皆さん、お久しぶりです。ぽくぽんです。

 

待たせたな。(別に待ってないですよね)

 

毎週土曜日書くと言ってたけど、皆ごめん。

 

最高に疲れてた。(どうもカスです。)

 

さあGWもあっという間に中盤戦です。

 

今日、明日、明後日で全てが終わる(いやむしろ仕事というすべてが始まる)

 

さて昨日ですね、行ってきました。いやどこにって?

 

決まってるだろ。

 

【ビバラロック】にな。

 

で、一言付け加えさせて下さい。

 

お金なかったので、

 

入口直前で引き返した(どうもカス超えたケチです)

 

いやね、その前に「ビバラロックとはなんぞや」と仰る方も沢山いるでしょう。

 

ビラロックとは、ロックバンドが多数出演し演奏など(っていうか演奏かMCしかしないはず)をするフェスティバルの一つですね。

 

ものすごく有名なアーティスト、天下の松任谷由実さんとか(ロックバンドではない)は出ないんですが、旬の邦楽ロックバンドは多数でるので、邦ロック好きな方はおすすめです。(チケットは個人的に凄く高いです。。。)

 

 

この【ビバラロック】、【さいたま新都心駅】から歩いた

 

さいたまスーパーアリーナ】で行われています。

 

今回僕は、アリーナと駅のちょうど真ん中にある【ビバラガーデン】に行ってきました。

 

vivalagarden.jp

 

「音漏れとか聴いてお酒でも飲もうかな」って思ってたんですよ。

 

【音漏れ皆無】だったわ。

 

アリーナの作りをひたすら呪ったよね。

 

さて、皆さんはロックフェスティバル(以下フェス)に結構行ったりするんでしょうか。僕自身フェスは、あまり行きたいと思ったことはありません。

 

では何故今回行ったのか。理由はもう皆さんお分かりですよね?

 

そう

 

暇だから(間違いない)

 

って言うのもあるけど、

 

好きな人に誘われたから

 

これですよね、ぽくぽんと言えば。この話題に尽きる。

 

まあ、『5月4日暇なら行かない?入らないで雰囲気だけでも感じたいから』って言われたので、

 

暇であるのは本当だし、好きな人に誘われたらさ、

 

断る理由皆無だよね

(好きな人彼氏いる。9年間も付き合ってる。)

 

まあ、結局参加OKしたら案の定他の人達も誘おう!ってなって結局

 

4人で行きました(超楽しかった)

 

いや、2人で行きたかったんだよ。そんなの当たり前じゃん。でもさ、「2人で行こう」って誘ったところで毎回断られる(諦めろぽくぽん)

 

しかも、好きな人は皆でわいわいしたいらしいのでそれならば好きな人の気持ちを尊重して複数人で行くことが何より大事だとおもっちゃうんですよね。

 

さてさて、僕なんですが、好きな人に誘われたからって昨日のんきにビバラロックについて行って隣りで「VIVA!VIVA!」とか言ってたんですよ。馬鹿でしょ?(馬鹿です)

 

帰って【VIVA】の意味調べたんですよ。そしたらですね、イタリア語で【万歳】って意味なんですよ。

 

いやね、何が言いたいかってね、その好きな人の彼氏ね、

 

イタリア語を流暢に喋れんだよ(俺負け確)

 

家帰って心底後悔しましたよ(全然してないけど)

 

好きな人の前でしつこいくらいに「VIVA!」「VIVA!」って何度も下手な日本語英語みたいな感じにビーケー(つまり馬鹿)みたいに叫んでたんすよ。

 

なにが【VIVA】だよ。万歳でもなんでもないわ。(VIVAごめん。お前は悪くない。)

 

その好きな人の彼氏さんとは一度も会ったことないんですが、会ったことがある人は口揃えて

 

「イケメン」って言うんですよね。

 

もっと言わせると

 

・イケメン

 

・身長180センチ越え

 

・国立大学卒業

 

・イタリア一年留学

 

・高校の時、ザ青春マンだったらしい。

 

まだまだ沢山あると思いますが、まあ、スペックは高いですよね。そして、なんと言っても

 

・性格イケメン

 

なんですね。敵なのに絶賛しすぎな俺。

 

こんだけ素晴らしいと、その好きな人って逆にあれじゃないとか思ってる人がいたら今すぐ表に出ろ。

 

日本トップクラスの可愛さだから。(当てにならなさMAX)

まあ、本当に可愛いんです。有村架純とか堀北真希と肩を並べる可愛さ、ていうか、

 

堀北真希ドッペルゲンガーだと思って下さい。

 

ここ大切、半年後のテストに出るからマーカーで線引いといて。

 

因みに僕のスペックは

 

・女性と付き合ったことあるのが大学1年のはじめだけ

 

・170センチ小太り(絶賛ジョギング中)

 

・眼鏡(いやこれスペックか?)

 

・ザいじられることしかないマン

 

まあ、木っ端みじんにやられるのがおちだよな。

 

だけど、こんな彼氏と比べて自分を卑下してるつもりは全くありません。

 

毛頭ありません。

 

むしろ普通に、「いやいや、そんな彼氏より俺の方が絶対幸せに出来る」ぐらいに思ってたんですよ。いや、正直今でも思ってます。

  

でも、違うんですよね。

 

だって

 

【彼氏といる方が幸せだから彼氏と一緒にいる】

 

わけですよね。

 

いや、まあ、当たり前なんですけどね。(いや、心の中では全然諦めきれてないんですよ。)

 

すみません。うまくまとまらなくて。(学びます)

 

最後に少しオススメの曲紹介させて下さい。

 

・一曲目

天体観測】by BUMP OF CHICKEN

 これは言わずもがな名曲中の名曲です。

 

歌詞は難しいので、深堀しませんが、なんと言っても

 

メロディー(特に前奏)が良い。

 

聴いたことない人はこの機会に是非聴いてみて下さい。

 

二曲目

 ・【餞の詩】


これは名曲というより、個人的に想い出深い曲です。

 

大学3年生のGWに【JAPAN JAM BEACH】というフェスに好きな人withBと参加したんですが、その時生まれて初めてこの曲を聴きました。

 

この曲は、このバンドが最後に演奏した曲だったんですが、演奏終わった瞬間隣にいた好きな人が自分自身にぽろっと

 

『今の曲、凄く良かったね』と呟いたことが、今でも忘れられません。

 

歌詞は、曲名まんまです。決して捻られた歌詞ではないですが、その時の自分の状況や心境、好きな人の発言とリンクして、とても想い出深い曲になりました。

 

失恋した人や、ずっと好きだった人とか今も忘れられない人が結婚したという人は是非聴いてみてください。

 

【きっと  あなたに僕の居場所なんて もう無いんだろうな
でも今が この今が 幸せだって思って 彼と暮らしていれば良い】

 

彼氏が高校1年からいる好きな人が何を思って良い曲だねと思ったのかもその時聞きたかったのですが、

 

でもそれ以上に、あの状況は

 

【幸せ】の2文字が確かに存在してた。

 

※ビバラロックについて、それこそ出演アーティストやアクセスの良し悪しや、ビバラガーデンのこと書こうと思ってたんですが全く深堀出来てなくてすみません。

 

では。また。

 

 

 

【靴ひも】を味見する。

皆さん、こんにちは。ぽくぽんです。

 

一週間って本当にあっという間にすぎるんですね。

 

ここ一週間は、プログラムをひたすら作ってたのですが、

 

ぽくぽん、プログラム向いてないんじゃないかってぐらい苦戦してる。

 

歓迎会も今週の金曜日にあったんですが、全員、最初からつまずいた人はいないという。

 

頑張れぽくぽん!

 

さてねー、華の金曜日があっという間に終わり、土曜日ももうすぐ終わります。

 

日曜は、次の日が仕事っていうこともあるので、ちょっともう憂鬱タイムに入ってしまうんですね。

 

なので、金曜の仕事終わってから土曜の就寝TIMEまでが、

 

ウルトラハイDAY!!!!!(なので基本土曜にブログ書きます。)

 

あ、明日は新宿に【タング】というオペラのお芝居を見にいきます。

だから明日の日曜もハイDAY。

 

さてさて先日のブログでは、アクセス数のこと気にしていたこの僕ですが、今日もブログを開いた瞬間にアクセス数確認したんですよ。

 

そしたら、

 

4件もありました!!!!

 

ぽくぽん泣きそうだよ。皆ありがとう。ありがとね。

 

ってちょっと待てよ。

 

よく考えたら、

 

今週確か、自分の携帯を使って4,5回見た気がする。

 

つまり、

 

全て俺。

 

さ!はりきって行こうか。

 

今回は、ミスチルの超大作アルバム【I LOVE U】の中から【靴ひも】という曲を自分の体験談含めて綴っていきますね。

 

I LOVE U

I LOVE U

 

 

こちらに【靴ひも】の歌詞を載せておきます。

 

http://j-lyric.net/artist/a001c7a/l00873c.html

 

歌詞に出てくる主人公は男の子なんですが、好きな女の子に会うために

靴ひもも結ばないで全力で走って、停留所通過してしまうバスに無理やり乗って、渋滞にはまったからまたバスから降りて走るという

 

土日だったのか連休だったのかGW真っ只中なのか、主人公よ、

 

渋滞は予測しとけ(経験者は語る)

 

ていうか、

 

一回くらい

 

転べ(すみませんしたっ!!)

 

昔よく遅刻すると思って、電車急いで乗ったら違う方面の電車乗り間違えたり、

(渋滞関係ねえていうか、乗り換えをミスした自分の責任)

 

自転車でダッシュで駅まで向かってたら、途中でパンクするし、

(これもよくわからない)

 

とりあえず生きろぽくぽん。

 

歌詞から見て分かるように、

 

この主人公、

 

めちゃくちゃ会いたくて必死です。相当好きなんですねその女の子が。

 

歌詞の中で、好きな女の子に会うために主人公は必死に走りながら考えています。

(振り返っている?覚悟を決めている?)

 

【こだわってたものみんな 誰かに譲ったっていいや】

 

とあるように、主人公は、今まで付き合ったこととか、好きな人出来たことないんでしょうか。もし、付き合ってた女性が今までいたとしても、今までの感覚とはまるで違うんでしょうね。

 

次のサビ前にこんな歌詞があります。

 

【愛しくて 苦しくて そして自分を見失って ウザったくて 終わらして でももっと 苦しくて】

 

ここの歌詞、凄く共感できるんですね。

 

特に

 

【ウザったくて 終わらして でももっと 苦しくて】

 

恋愛は一生懸命なほど、心に負担がかかります。

 

僕も、彼氏と長く続いている女の子を好きになった時、

 

もうこんなに辛いのなら終わりにしよう、終わりにしたいと思い、頑張って想いを断ち切ろうとしたけど、逆に想いが膨らんでしまって

 

結局この主人公と同じになってしまった

(つまり苦しい。いと苦しきかな人生。)

 

それでも最後に主人公は

 

【愛しくて 切なくて 君の色で濁ってる その部分が今一番 好きな色 僕の色】

 

って思うんですね。ここ一番好きな場所です。

 

愛しいだけじゃなくて、切なさもある主人公の色。両想いではないからこそ存在する気持ち、素敵です。(好きな人に対する想いはどんな形であれ切なさも含まれてるんですかね?)

 

ところで

 

【君の色で濁る】って表現、あんまりみかけないですよね。

 

恋愛って、好きな人の色に染まるのが普通じゃないですか?

 

特に片想いの時とか、やっとの想いで好きな人と実った時とかなんて、自分1人の時でも、彼女と2人でいてもその彼女のことで【好き】で頭が一杯になりますよね。

(ちょっとベボベになった)

 

でも、最後のこの歌詞の表現は、少し大人な考えです。

 

まず、基本的には君が好きだけど、それと同じくらい自分が大好きと言うことです。

 

僕の場合は、好きな人が出来ると、自分と好きな人を比べてマイナス思考になったり、他の男の子と仲良いの見て落ち込んだり、良いとこ見せよう見せようと思って、空回りしたり。。。。

 

そんな感じで自分に嫌気がさしたりする人ももしかしたらいるのかもしれません。

 

でもこの主人公は、

 

それでも好きな人と関わってる自分が大好きなんですね。

 

僕の体験談ですと、(出た!)

 

好きな人(以下MAI)はRADWIMPSという邦楽ロックのアーティストが好きなんですが、

(昨年、【君の名は】という映画で音楽全般を担当してました)

 

僕はMAIがきっかけでRADWIMPSを好きになりましたが、その流れで邦楽ロックもよく聴くようになって、

 

挙句の果てには、本当に出逢えて良かったなと思うアーティストを見つけ、そのLIVEに行けたり。

 

MAIがスノボー今度行くんだって言ってたので、

MAIに『かっこいいじょうず!』って言われるように僕もスノボー行こうと思ったんですが、その前に練習がてらスケボーしようと思ったら、

そのスケボーが地味に楽しくて、週末1人スケボーで遊んだり、

 

また、小説が好きで、特に東野圭吾好きってMAIに言われたので、

東野圭吾を読んでたら他の作家の作品も見るようになり、

吉田修一佐藤多佳子伊坂幸太郎恩田陸など、色んな作家の小説を読むようになってお気に入りの一冊が増えるようになったり、

 

つまりですね、

 

MAIと出会って関わっていく事で、

 

自分自身の中に新しい考えや新しい出来事がどんどん出てくるんですね。不思議なくらいに。

 

新しい自分(今まで知らなかった自分)がどんどんそれこそ半無限に出てくる。

 

そんな自分のことを好きになった主人公をこの僕が好きになったように

 

僕も今は自分が大好きです(もちろんMAIに濁った僕が)

 

最後に主人公に一言、

 

急ぎすぎて

 

死ぬなよ(無事が一番)

 

【宝石になった日】を味見する。

どうもこんにちは。ぽくぽんです。

 

でかい。でかすぎるよ。見出し。

 

さて、先日ブログをはじめて書いたんですけど。

 

うん、楽しいけど、、、意外と時間かかる。かかるんだ。まあ良いのだ書きたいから。

 

さて、ブログをはじめて気付いたことがあるんですよね。それが、

 

自分自身のブログのアクセス数が確認出来ること!

そうなんですよ。ブロガーは自分自身のブログのアクセス数が確認出来ちゃうんですよ。(なぜ二回言った。)

 

それでね、まあ、若気の至りといいますか(どんな至りだよ)、やはり自分のアクセス数がどのくらいなのか調べたかったんですよ。

 

どうせ調べられるならってことで、【アクセス解析】というアイコンを開きまして、ブログをはじめた2017年3月30日からどのくらいの人がアクセスしてるんだろうと見たところ。

 

0でした。0。0。。。。。。。

ゼロオオオオオ(ノ・ω・)ノオオオ(ノ・ω・)ノオオオゼロ!

 

たまんねえ。これはブログを開設した俺への最初の試練か。試練なのか。

 

ならばいいだろう見せてやるぜ俺のスニッカーズを。(なんか意味深。)

 

てことでね、アクセス数稼ぐためにブログを書くわけじゃないが、まあ、

見てもらうためにね、多くの人に俺の素晴らしい文章に触れてもらうためにってことでね、、

 

有名な曲名をブログの見出しにしました。

 

市民A「ぽくぽん貴様あああああああああああああ」

 

市民B「めっちゃアクセス数稼ぐためにブログしてるやんぽくぽん」

 

ぽくぽん『ダマレエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!!!!!!!』

 

俺だって、モテたい。モテたいんだ。せめて、ネットだけでもモテたいんだ。

 

だから、今回だけは許して皆。許してBUMP OF CHICKEN。

 

さてさて

 

で、皆さんはなぜ「数ある曲の中からこの【宝石になった日】という曲を選んだと」聞きたいんだろそうだろ?

 

理由は一つ。

 

好きだから。以上

 

そしてもう一つ理由がある。ぽくぽん、今月2日から晴れて社会人になったのですが、この曲が凄くしみたんですね。

 

まず、私ぽくぽんは先月大学を卒業しました。

 

が。卒業してから社会人になった今日までなんか変わったなあ(自分自身ではなく)と思うことがあるんですね。

それが、

 

友達と全く遊ばない。

 

というか、

 

友達から全く連絡がこない。

 

ぽくぽん泣きそう。泣きそうだよ。これが社会人になるということなの。

 

ていうかね、語らせて下さい。語るためのブログだろ。

 

大学1年の時から大好きだった女の子(以下MAIちゃん)とですね、大学4年間ずっとメールやLINEなど してたんですよ。

 

まあそれこそ、ほぼ365日荒れ狂うように連絡してたんですね。彼女に彼氏がいようと。ね。(4年間片想いで終わりました。)

 

ですがね、今年の3月上旬からMAIちゃんと全く連絡しなくなり。

(以前までは基本彼女から連絡きて、僕が連絡して終わる。という流れでした。)

 

で、気付いたんです。

 

MAIとしか連絡をしてなかったと。

 

 

 

なので急に連絡してた人と全く連絡しなくなると

 

ものすごくさみしいんです。

 

で!今週の木曜日【宝石になった日】を満員電車の中、久々聴いたら、

 

ものすごく心にしみたんです。

 

文字デカくすればいいと思ってんだろ。ぽくぽん。

 

ぽくぽん『そうだよ!!!』

 

因みに【宝石になった日】は、以前カルピスのCMで起用されていました。

 

カルピスのCMは

 

【THE 青春】です。(青春免疫力ないやつは気をつけろ)

 


3篇 永野芽郁 CM カルピスウォーター 「全力で少年」「登場」「青春と花火」

 

まさかの【全力で少年】編は、スキマスイッチの【全力少年】でした。この曲も良いよね。

 

ていうか、

 

スキマスイッチ大好き。

 

スキマスイッチもまた今度語らせてください。

 

さて、話戻してこの宝石になった日

 

1番目の歌詞と2番目の歌詞が電車乘ってる時にぐっときたんです。それだけです。

 

【こんなに寂しいから 大丈夫だと思う 時間に負けない 寂しさがあるから】

 

【ひとりじゃないとか 思えない日もある やっぱり大きな 寂しさがあるから】

 

何が大丈夫なのか全く分からないのですが(すみません)、【時間に負けない寂しさ=何物にも代えられない価値あるもの】だと個人的には思ったんですね。

 

とても価値あるものを得たからこそ、歌に出てくる主人公は「大丈夫」と思ったんですよねきっと。

 

そして2番目の歌詞で【大きい寂しさがあるからこそ、ひとりじゃないって思える】って確信出来たんですよね。(ここも実はよくわかんない)

 

とてつもない寂しさをポジティブに変えてしまうBUMP。恐るべし。

 

だからこそこの曲を今週木曜日聴いた時に

 

あぁ、こんなにも寂しいけれどそれもまた、幸せなんだ

 

って、感じることが出来ました。

 

ありがとうBUMPありがとう皆。ぽくぽんはまた来週から社会人頑張れるよ。

 

 

 

 

あ、実はですね、ぽくぽん、昨日の夜約一か月ぶりに友達から夜電話きて電話したんですね。

 

泣くほど嬉しかった。

 

 

 

 

 

【ブログ】を味見する。

 皆さん、こんにちは。はじめましてですね。

 

今日からブログをはじめました【ぽくぽん】です。どうぞよろしくお願いします。

 

学生です。でも、4月から社会人です。いやっふう!

 

ブログを書くにあたっての理由などを、今回のこの初記事!!に記したいと思ってます。最後まで読めよそこのくそばばあ(全国の女性の皆さま暴言お許しください。)

 

さてさて!いくつか理由を紹介していきましょう。

 

  1. 日本語がへたなため
  2. SNS
  3. ゼミのレポート
  4. 先輩

 

1.は、そうなんです。僕日本語が苦手なんです。とてつもなく。外見が中国人に見えるからとかそーゆー理由じゃねんだ。(海外行くと必ずアーユーチャイニーズ?と聞かれるぜキレッそ)皆さんも、一度は感じたことありますよね『日本語、めんどくさくね』って。はい!そこのあなた!目が合ったそこのあなただよ!(これじゃ終わらない、、、)

僕自身のエピソードを話させて頂くと、好きな人と話してた時に好きな人が僕に対し一言『ぽくぽんって、日本語通じないから疲れるし、なによりなに言ってるのか分からない。』

 

いやね、好きな人の目の前だから緊張してたんじゃねという人もおられますが、違うんです。好きな人以外の人にもたびたび言われるのです。

 

と!いうことでですね。文章力と会話力は全く別だと思いますが、【構成力】など【まとめる力】、そして皆さんが【分かりやすく】【面白く】理解してもらうように書く【力】がつくと勝手に信じて、ブログをはじめた所存であります。

 

2.はSNSですね。SNS。つい2、3年前まではインスタグラムでグラムっていたり、Twitterでツイーとしてたりしてましたが、好きな人関係で辞めてしまい、、、、、SNSやってる人で恋愛してるorしてた人なら分かると思います。何度も何度も、それこそ朝から晩まで好きな人のツイートやつぶやきをのぞいたりつぶやくまでスクロールしてたり、で彼氏との投稿写真で勝手に傷付いたり落ち込んだり、なんやりで、、、、、、辞めました。辞めてやったんだよ!!!ざまあみろ!!(何故にキレだした)

 

それだけじゃないですが!!!ブログだと、写真や文章など多く載せられるので、一石三兆ということでブログをはじめました。はい。

 

3.はゼミのレポートと書きましたが、僕今大学生なのです。で、ゼミに入ってます。で、そのゼミで欠席した場合「最近あったおもしろいこと」をレポートに書いて提出しなければならないのですが。それがいかんせん楽しくて。そのレポートを書くためにわざと欠席したり(嘘ですすみません先生許して)するうちに、ブログをすればいいんじゃねって思い、こーゆー流れになりました。(まとめ方が雑になってきた)

 

4.の先輩ですね、なんて切り出したらよいか、、まあ先日先輩亡くなったのですが(いきなり話が重くなった、ここはぽくぽんの力の見せ所だぞ!!!!)大学の部活の先輩でして、そこまで仲良くはなかったのですが、よくして頂いて。部活入りたての時かな。会った時にさりげなく服褒めたりしてくれるんですよ『お前、白い服似合うな』とか『今日は全体的ダサいけどその服は良いな』(褒めてるか?)

 

で、たぶん先輩は軽く言ったはずなんだけど、服装に興味なかった自分は凄い嬉しくて(先輩は超おしゃれ)、で当時好きな人と学内2人で歩くことも多かったからその時に褒められると好きな人も便乗して「うん、凄い似合ってるよ」とか言ってくれてめちゃくちゃ嬉しくて、はい。

 

それがきっかけで、好きな人と一緒にいたいために、また自分のためにと思い、ネットで【ユニクロ コーディネート ブログ】とグーグル先生にお願いして調べてブログ漁ったり、そこから本格的にブログと関わりはじめましたね。そこで沢山のブログを見て、また学んで、(服装とか人生とか諸々)結局好きな人と付き合えなかったけど、得たものは計り知れなくて。着たい服のために運動始めたり、それがきっかけでハーフマラソンでたり、好きな人と服屋さんめぐりしたり、いや、本当に。先輩の一言がきっかけかもしれないですけど、死んじゃってるけど凄いお礼言いたいんですよその先輩に。

 

だから言いたいのに言えないから先輩に対してものすごく怒ってる(笑)

 

ま!いないなら仕方ない!天国で会ったら説教したるわはやくに死にすぎやって。(天国行けるかが心配)

 

以上です。

 

最後に、ブログって絶対にどんなに人気なくても見てる人がいると思います。なので、きっとこのブログも必ず見てくださってると思い一言。

 

ありがとうございます。(でかっ)