オレンジ定食

ネチネチ星人のフルコース

大学生活を懐かしみながら【きょうのできごと】を味見する。

山田:あれ、壁に挟まれた奴どうなったんや

正道:え、なに今日、そんな奴もおったん?

山田:うん、壁に挟まれて動かれへんようになってん。ごっつおもろかったで。

正道:俺らが知らへんうちに色んなとこで、色んなことが起きてるんやなあ。

 

この会話、【きょうのできごと】という映画の中から抜粋しました。

 

さて、皆さんこんにちは。毎度おなじみぽくぽんです。

 

最近は、お近くのノースフェイス(勿論隠語)さんが弾道ミサイルなり核爆弾なりをしていて(いやもっと前からしてるけど)、『ミサイルが上空を通過してます』ってテレビで放送されてる時、

 

全く持って生きてる心地がしなかった。

 

さて先日高校の友達が1年アイルランドに行くって言ってて、出国前日にスーパー銭湯に行きました。

 

行って思ったのは、なんか、ああ、高校の頃ふざけてしかいなかった友達同士と真面目な話(将来や恋愛や生活、したいことやりたいこととか)をするのが凄く面白かったです。

(いや本当に高校の頃は誰が一番怖い先生の授業受けながらお尻出していられるかとか、授業さぼって屋上でずっと空見てたりとか、どこの棟の階段からだとパンツが見えるとか、もはや学校の先生のこの時間帯は何してるとか本当にくだらないなとしか思えない日常でした。)

 

はい、そんなどうでもいい話です。

 

そんな友達との会話の中で思わず、『ほおお』って唸ってしまったのは、海外に行く友達に友達が言った言葉で、

 

海外1年も行くんだから、どうせなら感無量だった。と言えるような1年を過ごしてきてな。

 

感無量と言える1年かあ。と。僕自身の日常は感無量かなあと日常を振り返ってみたら、幸せな日常だけど、感無量とは言えない日常だなあと思った。

 

いや、そもそも日常に感無量を求めること自体がナンセンスだよなと思った。

 

まあ、知らない人に出会い、母国語でない言葉で人と繋がりにいかないといけないって、想像するだけで自分は億劫ですし、その友達を尊敬します。(いや、尊敬はしてないな。いや、尊敬するとこもあるけど大半は尊敬出来ないわ。)

 

と、こんな無意味な話をだらだら書き連ねていって何が言いたいのかと言うと

 

そのスーパー銭湯に行った日、銭湯に行く数時間前に銭湯に行くことが決まって、深夜に集まって、スーパー銭湯に行ってお風呂で話したり、銭湯の帰りに寄ったコンビニで食べるカップ麺の不可思議とも言える美味しさだったり、車の中で喋るほんと些細なことだったりが、

 

凄く、楽しかったんです。幸せだったんです。

 

それで、思い出したのが、上記の映画、

 

きょうのできごと】です。

 

きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]

きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]

 

 

けっこー(出演してる俳優さん達は豪華だけど)マイナーな映画だと思ったので、この映画についてのブログを書いてる人が沢山いるのは嬉しい気持ちですね。

 

【あらすじ】

京都の大学院に進学する正道(柏原収史)の引越祝いに集まった仲間たち。恋人の真紀(田中麗奈)、親友のけいと(伊藤歩)と共に訪れた中沢(妻夫木聡。そんなごくありふれた「大学生たちの一日」を描きながら、それぞれの登場人物に焦点をあてて、代わる代わる断片的にエピソードが展開されていく。

 

ようは、大学生が過ごす1日をひたすら2時間映画にしたって映画です。

 

【個人的感想】

いやねそこのあなた、つまんないと思うやん?

 

つまらないと思うやろ?

 

つまらないか面白いかは置いといてって置くんかい!!!

 

僕は単純にこの映画が好きです。

 

なぜなら

 

出演してる俳優さん達が好きだから!!!

 

大学生活思い出しながら『こんなやついたわあ』と懐かしがれるから。

 

この映画に出てくる出来事のほとんどを経験してるから!!!

 

まず、この映画あらすじにて少し触れたんですが

 

友達の引越祝い。で共感。

 

引越祝いだから大勢の友達を家に呼んで飲み会。で、共感。

 

飲み会で酔ったやつで、毎回同じ話するやつが出てきて、で、『こんな人いたわあ』で、共感。(僕の友達は酔うと説教をひたすらしてくる人がいました。僕は、トイレが長いという理由でめっちゃ怒られた。あんな怒られることしたかなあとか今思うと疑問に思う。)

 

飲み会中盤戦でいきなり『髪の毛切るよ』とか言い出して、数人の男子が髪を切られるところで激しく共感。(僕は友達の家でハリーポッター観るために行ったのにいつのまにか自分の髪の毛をノリで切られ、かつワックスかけられるという始末。)

 

帰りのSAの自動販売機で缶コーヒーを買って友達と談笑したり、で、(僕の場合は『缶コーヒーの微糖ってさ、あれ微糖じゃないよねもはや』みたいな感じで)共感。

 

 本当に久々に会った友達と道端で会って、連絡先とかも交換したのに、相手の名前を思い出せないでいることとか、共感。(話してる間ずっとこの人だれだったかなあって思ったりする始末。)

 

いきなり『これから蟹食いに行かね?』とか言い出して、深夜に車で蟹食いに行ったりするところで共感したり、

(いや、蟹じゃないですけど、いきなり深夜これからどこどこ行かない?とか言われて沢山色んなとこ行ったなあ。)

 

宅飲みでお酒が足りなくなり、近くのコンビニまでチャリで行った帰りに車に轢かれてそのまま轢き逃げされたり、で共感。(というか大学の友達が轢き逃げされたことあって、本当にあるんだってその時初めて実感した。)

 

 まあ、きりがないんですが、

 

本当に大学生の日常を切り取った映画です。

 

そんな自分と重ねることしか出来ないこの映画が好きです。

 

【好きなシーン】

引越祝いに来てる河内君という男の子がいるんですが、河内君はその日の引越祝いに参加するまえに彼女とデートしてるんです。で、そのデートの最中に喧嘩をしてしまうんです。

 

河内君は、皆に優しすぎるせいで、空気を読めず、かつ、思いやりのつもりで言ったのに先輩にキレられる始末。そして、彼女にもキレられてしまいます。

 

そんな河内君は、物語終盤で『蟹食いに行こうぜ』って皆に誘われるんですが、彼女の住むアパートに1人向かうんですね。

 

約束をしてないのにですよ?

 

そしてエンドロールの直前彼女のアパートにつくんですが、なんと彼女さん

 

玄関の外で新聞を読みながら河内君がくるのを待ってたんです。

 

約束してないのに新聞を読みながら待ってたんですよずっと。

 

最高に美しすぎやしませんか。

 

約束もせずにこの2人は出逢うべき場所で出逢うという、

 

美しすぎるよ。おじさん泣きそうだよ。

 

そして終わり方が良い。

【最後に】

自分の共感するとこ書いてたら

 

もろネタバレになってましたが

 

この映画はどちらかというと雰囲気を味わう映画かなあと、

 

熱心に観てどうこう言うより、

 

僕はポップコーンMIKEを食べながらばんやり観てました。で、良かったなあうんうんっうなずく感じ?

 

まあ、4月から働いてますが、

 

なんの当たり前ですが、

 

仕事終わった後いきなり大学の友達に『これから蟹食いに日本海行くぞ』みたいな会話は今の自分の生活に潜んでないしていうか存在しないし、平日の深夜にいきなり家にくる友達もいないし、いきなり髪を切るよーとか言われることもないしもはやはじめることもないし、約束を交わしてもないのに朝まで新聞読みながら彼氏が来るのを待つ生活なんてないんですよね。

 

そんな、無計画で生きてた無意味ともいえる生活が今はとても愛おしくて、

 

 

意味しかない4年間だったなって思ってます。

 

では、また。